【シマノ】セフィアリミテッドは8月発売!エクスチューンと比較【定価8万超え!!】

photo:Masataka Yukawa

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

シマノからNewエギングロッド『セフィアリミテッド』が8月に発売されることになりました。

深紅をまとい洗練されたデザイン、カタログスペックも値段もセフィアエクスチューンの遥か上・・・まさか、こんなロッドが出てくるなんて…‼︎

19ヴァンキッシュに続きエギング界が大きく賑わいそうですが、定価はナント8万円超え!果たして、値段に見合った性能はあるのでしょうか??

記事・インプレの内容は個人の感想です。辛口なコメントをすることもありますし、体格・感覚で差がある可能性があります。

セフィアリミテッドのラインナップ

気になるラインナップはS83L、S85ML、S86Mとのこと。

湯川さんお気に入り+売れ筋の3モデルを先に出して様子見、そして話題性が一旦落ち着いた頃に追加モデルが出る可能性は大かと思います。

S83L:操作性重視、シャロー・近〜中距離

8’3”の長すぎず短すぎないレングスで、幅広いシチュエーションに対応。取り回しやすく、軽快な操作性を活かして、とくに浅場や近~中距離の攻略に向く。アベレージサイズが小さいシーズンやエリアでもイカの引きが楽しめ、バットパワーがあるため不意の大型イカがきても不安なくやりとりできる。

8.3ftは操作性の良さが武器です。特に足場が低い場所で活躍してくれそうですね。シャロー、テトラの取り回しはリミテッド3モデルの中でもピカイチかと思われます。

しかし、8.3ftは8.6ftと比べ、高さのある場所では少し使いにくさを感じます。足場が高い釣り場によく行くのであれば8.5ft・8.6ftがおすすめです。

S85ML:オールラウンダー

ソフチューブトップを採用し、2号前後の軽いエギから大型サイズの3.8号まで、幅広いエギに対応。釣り場も足場の低い磯から堤防までカバー。様々なシーンで活躍するオールラウンダーだ。軽い力で安定した飛距離を出せる遠投性能の高さも魅力。

まさにS83LとS86Mのいいとこ取り。とても使いやすそうなイメージです。

メインロッドとして様々なシチュエーションを楽しみたいなら、これで決まりでしょう。

S86M:遠投重視、潮が速いエリアや深場

3.5号以上を使った遠投重視や、シャクリ抵抗が大きい速潮エリア、ディープ攻略で活躍するパワー系。エギに鋭いアクションがつけやすく、ロッド全身がスムーズに曲がるのでシャクリ時の衝撃を吸収し、長時間使っても疲れにくい。大型狙いで頼りになる一本だ。

リミテッドS83L、S85MLと比べてパワー系というだけで、リミテッドS86Mも汎用性は高そうです。ただし、8.6ftという長さは足場が低い場所では少し使いづらさがあると思います。

ちなみにレッドモンスターも範囲内とのこと。

 

にっしー
リミテッド3機種から選ぶのであれば、
カタログ通りS85MLを基本に自分のスタイルに合う機種を選ぶとOKでしょう。

S86Mを使っていた湯川さんが、「Mだけど硬すぎない、でもパワーもあって長さを感じさせないという風にどうしてもしたかった」と言われていましたが、その言葉を聞いて『スーパーカラマレッティーAT86Mの使い心地に似ているなあ』と思いました。

他にも、「ロッドと言うよりも、自分の手のように感じれるぐらいの感度があると思います」と言われていましたが、以前スーカラATのインプレで書いた『神経が穂先まで繋がっている感じ』など、今回湯川さんが動画で言っていることが被ります。

リミテッドの8万円という値段だけみれば高く感じてしまいますが、本当ならスーカラATクラスの性能を持ち合わせているということに…。
体感する感度やバランスは現時点でのエギングロッドの到達点。究極です。
値段が値段なだけに買う時は躊躇してしまいますが、実釣した時に『買って良かった。その価値があった(ホッ)』と思わせてくれそうですね。

*湯川さんのインスタグラムで「リミテッドS83LはエクスチューンS804L+よりパワーがあり、よりしなやか」と言われていました。

*まだ発売されていないのであくまで想像です。発売後使う機会があって、違ったら更新します。

現在公開されている性能(エクスチューン比較)

■スパイラルXコア 共通(エクスチューンはS808L+、S805ML+のみ)

■スパイラルX 共通

■ハイパワーX 共通

■ナノピッチ 共通(エクスチューンはS808L+、S805ML+のみ)

■ナノアロイ®テクノロジー
セフィアリミテッド

■高強度素材「トレカ®T1100G」
セフィアリミテッド

■高弾性・高強度素材「M40X」
セフィアリミテッド(S86Mのみ)

■Xガイド
セフィアリミテッドは3Dトップ+ゴールドI.P.、3Dチタン+Xリング、バット部のエアロチタンゴールドカラーは高級感があり、所有する満足感を高めてくれそうです。エクスチューンは(チタンSiC)(S806L、S804L+、S808L+、S706MLS803ML、S805ML+、S806M、S902M:トップガイドを含め、穂先から4ヶ目のガイドまで採用)(S806ML-S:トップガイドを含め、穂先から7ヶ目のガイドまで採用)
■カーボンモノコックグリップ(逆三角形)
セフィアリミテッド (エクスチューンは同じカーボンモノコックグリップだが形状が異なる)
■カーボンシェルグリップ
セフィアリミテッド 軽量高感度グリップ。グリップの出来が感度にもたらす影響は絶大。感度が高いグリップは、リールのコツコツ感すら手元に伝えます。カーボンシェルグリップがエギングロッドに搭載されるのは初。非常に楽しみです。

■ソフチューブトップ 共通(セフィアリミテッドS83L、S85ML)、(エクスチューンS804L+、S808L+、S706ML、S805ML+)

■パーフェクションシートCI4+ 共通

■チタンフレーム+トルザイトリング(中間) 共通

■アクティブフェルール
セフィアリミテッド シマノ独自の印籠継。ティップからバットまでロスの生じにくいパワー伝達を可能にしたそうです。メリットは『接続部分を細く作れること、竿の美しい曲がりを実現すること、すっぽ抜けしにくい』だそう。

■フックキーパー 共通

■マッスルカーボン エクスチューン

■タフテックα(S806ML-S) エクスチューン

価格は定価8万2千円〜

定価8万2千円〜8万4千円。実売価格は7万円ちょっと(税込)みたいです。

エクスチューンと約3万円もの開きがありますね。流石にこれだけの差があると、カタログスペック以上に体感できるものがありそうです。

ヴァンキッシュと合わせたらヤバいことになりそう。

シマノ曰く「真の軽さを追求した」とのことですが、6/15現在自重が未定なのはツッコんでよろしいのでしょうか(笑)*86M(104g)と発表されました。情報を小出しにしているのでしょう( ´Д`)ハヤクゼンブダシテ

*83L(102g)、85ML(103g)、86M(104g)に決定したようです!

まあ真面目な話、

持った瞬間の感動的な軽さ。キャストした瞬間、ジャークした瞬間の空気を切り裂く振り軽さ、そして奏でる心地よい風切り音。エギングにおける実釣動作すべてを軽快かつ正確に行うことができる。この「真の軽さ」は手に響き渡るような高感度も実現。引用:シマノ

とのことですが、「真の軽さ」とは「バランス」のことでしょう。

リミテッドS86Mの自重は104gだとしても、実際に体感する重さは100g以下のはずです。S83L、S85MLも同様。

詳しくはエギングカタログ2019に書いてありますが、104gという数字だけで重いか軽いか判断するべきではありません。
ダイワの最高峰ストイストも自重こそ105gですが、バランスが良いので89gのAIR AGSより軽く感じます…つまり、今回シマノはこのバランスを究極まで突き詰めたということです。

まだまだ「ロッドバランス」に対して世間の理解が追いついていませんが、道具にこだわる人間にとって、極上バランスの価値は計り知れません。

これまでグリップエンドにわざわざバランサー付けたり、リールにバランサー付けたり・・・それって結局高級ロッドに+αでリミテッド買えるくらいの値段になりますからね。

僕は以前タックルバランスの記事の締めくくりで、「メーカーがそもそもバランス考えて作ってくれればいいのに」と言っていましたが、まさしく今回リミテッドで実現した(であろう)ということです。

もしかしたら、僕が求める次世代エギングロッドがすでに誕生しているの『かも』しれません・・・。まあ、活かすも殺すも合わせるリール次第ですが。

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 これまで発売されてきた歴代ヴァンキッシュ達が名機であることは間違いありませんが、僕はぶっちゃけノーマークでした。2019年3月、多くの釣り人の期待[…]

19ヴァンキッシュ

結局どっちがいいの?

あくまで発売前の話ですが・・・まず間違いなく、性能だけでみればエクスチューンで十分です。何故ならエクスチューンには、これまでフラッグシップモデルとしてトップの座に君臨し続けてきた実績と信頼があります。

発売後に「リミテッドじゃなきゃ釣れなかった」と言えるほどの違いがあれば評価はクルッと変りますが、現段階ではさらに上の使い心地・次のステージを求める釣り人の為の選択肢になると思います。

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。