19ヴァンキッシュ2500Sエギング実釣インプレ!エギングに最もおすすめのリールだッ‼︎

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

これまで発売されてきた歴代ヴァンキッシュ達が名機であることは間違いありませんが、僕はぶっちゃけノーマークでした。

2019年3月、多くの釣り人の期待の元に発売された汎用リール『ヴァンキッシュ』。・・・クイックレスポンスシリーズの頂天に君臨するこの超軽量漆黒リールは、ある意味ステラを超えてしまったかもしれません。
いやまあ…大げさに言っているわけではなく、それほどの衝撃を受けました。

記事・インプレの内容は個人の感想です。辛口なコメントをすることもありますし、体格・感覚で差がある可能性があります。

結論。エギングに最もおすすめしたい。

この釣りブログを始めて1年が経ちますが、今回初めて「エギングに最もおすすめしたい」という言葉を使います。

「釣り人目線で釣り人の為に」がコンセプトの当ブログにおいて、「最もおすすめ」という表現は非常に重たい意味があります。

僕の記事の大半はエギングですし、自身のタックル選びはバランス(快適さ)に重きを置いています。
これまでイグジスト・セルテート・ステラ・ヴァンキッシュを使ってきた現段階(2019.6.25)での結論になりますので、生半可な気持ちでテキトーに「最もおすすめ」を使っているわけではないことをご理解いただければ幸いです。

はい!それでは本題に入りますが、19ヴァンキッシュをエギングに最もおすすめする理由は3つ。

(1)異次元の軽さ

(2)極まる感度

(3)相応な価格

早速、それぞれ掘り下げていきたいと思います。

軽すぎて重さを感じない

僕はこれまで205gのリールを好んで使っていましたが、165gのヴァンキッシュを初めてロッドに装着した際、リールの重さをほぼ感じませんでした。
そう、まるでエギングロッドだけ持っているような感覚に。

この衝撃的な軽さは疲れにくくなり集中力が続くことはもちろん、19ヴァンキッシュにはこれまでステラにしか搭載されていなかったロングストロークスプールが採用されています。
自重の軽さが相まってキャストスピードを増加させ、飛距離も伸ばしてくれるというわけです。

 

そもそも、エギングに使うリールは大きく分けてエギング専用汎用の2つ。

エギング専用はダイワのエメラルダスシリーズとシマノのセフィアシリーズです。汎用は言葉通りたくさんの釣りに使えます。

19ヴァンキッシュは汎用に含まれるわけですが、ダイワ・シマノの全てのリールの中で1番軽いです。
ダイワの最軽量はイグジストの180gです(FCはコンセプトが異なるので除く)が、イグジストも発表された当時は軽すぎるwwと騒がれましたね。そのイグジストから15gも軽くなったのがこの19ヴァンキッシュです(165g)。

えげつない感度

プロもよく、「軽くなったら感度が上がる」と言いますね。言いたいことはわかりますが、僕はこれまであまりピンと来たことがありませんでした。
それは感度の向上を劇的に感じることができなかったからです。でも、1番軽いヴァンキッシュを使ったことで真の軽さの違いを理解することができるようになりました。

僕が違いを感じるのは10〜15gです。

1、リール230gから215gに変えた時

2、リール215gから205gに変えた時

3、リール205gから180gに変えた時

4、リール180gから165gに変えた時

ですがぶっちゃけ、軽さを求めて10〜15g軽くしてもテンションが上がるほどの違いは感じにくいと思います。

230gから205g。205gから165gくらいの変化があれば、異次元の軽さを感じられることでしょう。
つまり、180gのリールを使っている人が165gのヴァンキッシュを使っても、あまり変化を感じられないかもしれないということです。

お得感がある価格設定

僕の道具に対する考え方は、「安い=コスパ高」ではありません。その前提には「快適に使えるか?」が存在します。

つまり「快適に使えるうえで安かったらコスパ高」。
「とりあえず釣りはできるけど使いにくい」ではせっかくのエギングにストレスを感じてしまいます。

もちろん道具にどのレベルを求めるかは人それぞれですし、それで良いと思っています。
とにかく、ヴァンキッシュが選択肢に入る時点でそれなりに道具にこだわりがあるわけです。

18ステラに使われている技術を惜しみなく継承しつつ、軽さという点では他を寄せ付けないほど進化を遂げたこの超軽量漆黒リールの値段は4万5千円前後。
ちょっぴり不安な剛性も軽くなったのに前モデルより強化されているわけですから、使い手に価格以上の使い心地・満足感をもたらしてくれると思います。

軽すぎて、逆にバランスは大丈夫なのか?深場もいけるのか?

正直言うと、僕は200g以下のリールは軽すぎてほとんど使ってきませんでした。
軽いことはもちろん大事ですが、ロッドとの組み合わせ次第ではある程度リールの自重がなければタックルバランスが崩れてしまうからです。

今回も19ヴァンキッシュを実際に触ってみるまでは不安がありましたが、持った時に不安は消し飛び、実際に使った時に『やっぱり買って良かった!!』と感じました。
突き抜けた165gという自重だからこそ実現した、これぞタックル選びの新基準でしょう。

また、あまりの軽さに深場は大丈夫なのか?大物が掛かったら・・・?という不安を感じている人もいるかもしれませんが、これについても全く問題ありませんでした。
理由は釣りはリールだけで釣るのではなく、ロッドを使いエギを操作し、ロッドの反発を利用しイカを引っ張ってくるからです。それは大物だろうと小物だろうと同じで、前モデルより剛性が上がったことを考慮すれば全く問題ありません。

クイックレスポンスシリーズとコアソリッドシリーズ

シマノのリールには大きく分けて2つのコンセプトが存在します。

 

クイックレスポンス・・・細かいアクションを行う釣りに向いている。最高峰はヴァンキッシュ。

コアソリッド・・・・・・巻きの釣りに向いている。最高峰はステラ。

 

あくまでクイックレスポンスがエギング向いているだけで、コアソリッドをエギングに使ってはいけないわけではありません。

エギングだけでなく、巻きの釣りもやるならステラが圧倒的に有利です。19ヴァンキッシュでエギを高速回収すると少し疲れます。

19ヴァンキッシュのエギング番手

2500S

2500番のノーマルギア仕様。軽さを最大限活かすなら、自重165gの2500番。

僕が愛用しているのもコレ。

2500SHG

2500番のハイギア仕様。自重165g。

C3000

2500番のボディサイズでスプールだけ大きいver.。ラインの下巻きが必要。自重170g。

C3000SDH

2500番のボディサイズでスプールが浅溝タイプ。自重175g。

C3000SDHHG

2500番のボディサイズでスプールが浅溝タイプ。ハイギア。自重175g。

19ヴァンキッシュに合うエギングロッド

「19ヴァンキッシュに合うロッドを教えて欲しい」と要望がありましたのでこのコーナーを作りました。

注意点が1つ。19ヴァンキッシュを装着すると、200g以上のリールを使った時よりロッドの性能(バランス・硬さ)をダイレクトに感じます。

説明するのは難しいですが…リールが極端に軽いことで、手元に伝わってくる情報量が凄まじいのです。

その違いに最初は違和感を覚えると思います。(軽量・高感度ロッドが前提ですが)

カラマレッティープロトタイプ

カラマプロトのバランスは最高レベル。イニDの藤原拓海ハチロクのように羽が生えます(笑)

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 オリムピックのNewエギングロッド【18ヌーボカラマレッティープロトタイプ832M】を購入しました!ロッドを持った感触、振った感じがしっくりきたので即[…]

18ヌーボカラマレッティープロトタイプ

スーパーカラマレッティーAT

もともと感度が高いスーカラATですが、自重205gのリール装着時は感じ取れなかった着底・繊細なアタリがありました。

19ヴァンキッシュとの組み合わせで今まで感じられなかった沖の着底もフワッと感じるようになりました。(条件にもよります)

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 YouTubeチャンネル:あくてぃ部に、開封動画をUPしています。 ほぼ店舗に在庫がないバカ高エギングロッド、スーパーカラマレッティーA[…]

スーパーカラマレッティーAT

スーパーカラマレッティー(予想)

スーパーカラマレッティーにヴァンキッシュを装着したことはありませんが、以前使った時の使用感がプロトタイプと似ていたので恐らく合うと思います。

セフィアリミテッド(予想)

究極ロッドバランスを追求したエギングロッド。これまでシマノがバランスを前面に押し出した宣伝をすることはありませんでした。

「グリップに触れた瞬間、全ての経験が色あせ、過去のものとなる」

ここまで言われたら期待しかありません。

関連記事

photo:Masataka Yukawaにっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 シマノからNewエギングロッド『セフィアリミテッド』が8月に発売されることになりました。深紅をまとい[…]

セフィアリミテッド

ストイスト

なんとなくダイワ×シマノに違和感があるけど、気にしない釣り人にとっては普通に良き。

カリスタ

同じMでも他社と比べて少し硬め。言いかえればハリが強い。僕は柔らかい方が好みなので最近は使っていませんが、ヤマガブランクス好きなら試してみる価値ありでしょう。

ドラグ調整がしっかりできれば強い武器になりそうです。

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!熊本県民のにっしーです。 熊本が誇る釣具メーカー ヤマガブランクス。今や多くのエギンガーから支持されている人気メーカーですが、エギングロッドのラインナップはメビウス・カリ[…]

あくまで僕の考えです。これ以外にも合うロッドは必ず存在します。

1回目は違和感。2回目は手放せなくなる。

これだけの軽さ(それによる操作性・疲れにくさ・感度)を体感したら、初めて使う多くの釣り人が違和感を抱きます。むしろ違和感しかないかもしれません(笑)

これを『合わない』と判断してしまうのか、使い続けるかでヴァンキッシュの評価は大きく変わります。

僕の場合2日目で馴染んできましたが、その頃には逆に今まで使っていたリール(重さ)が違和感に変わっていました。

 

この19ヴァンキッシュ。メインリールとして長く愛用することになりそうです。

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

 

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。