釣りブログを始めて1年、YouTubeを始めて6ヶ月が経つので振り返ってみた。

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

この記事はブロガー向けです。

 

タイトルの通りもうすぐブログを始めて1年、YouTubeは半年が経とうとしています。

これまでを振り返ってみると共に、近々の状況も簡潔にお伝えできればと思います。

*ヘビーな内容です。閲覧注意かも。

ブログについて

2018年の7月24日に初投稿。それから約1年で書いた記事の数は118。
どこを目指しているかにもよりますが、1年で記事数118は少ない方ですね。かなり少ないかと思います。
最近はYouTubeに時間を使うことが増え、元々多くなかったブログの更新はさらにペースが落ちました。

現在のアクセスは1日700〜900を行き来する感じで、半年経過時目標にしていた1日1000アクセスは未達。
テーマ変更後にアクセス数がドーンと減り、それが数ヶ月続いたのでやる気がガクッと下がった時もありました。(今は検索順位も戻りつつあります)

もちろん収益も多くはありません。アドセンスは日に100〜200円で月に3000〜5000円といったところでしょうか。維持費の年間1万5000円は回収、プラスもありますが、テーマ購入代でチャラといったところ。

Amazonで手元に入ったのは約1万円。アフィリエイトは支払い金額のハードルが高く、売り上げになっても実際に報酬として振り込まれるのはかなり時間差があります。(楽天、ヤフーは最近始めました)

多くの釣りブロガー、またはこれから釣りブログを始める人が気になるのが収益だと思いますが、これが現実です。
目標にしていた「ブログで稼いだお金で釣り具の購入&レビュー」は、残念ながら1年目はできませんでした。

 

しかし、

 

予想より多くの人から相談や応援のメッセージをいただきました。

「あなたのブログを読んで買ったけど、とても良かった」

「アレとコレで悩んでいるけど、どっちがいいでしょうか?」

「これからも頑張ってください」

「いつも見てます。参考にしてます」などなど…。

僕は誰かのブログを読んでコメントしたことがありません。それはコメントしようと思ったことがないからです。だからこういったメッセージをいただいた時に、非常に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

当ブログ永遠のテーマである「釣り人目線で釣り人の為に」を発信者として実感出来る瞬間です。

ブログを見ていただいてる皆様、本当にありがとうございます。

YouTubeについて

本格的に投稿を始めたのは3ヶ月前ですが、チャンネルを作って半年が経ちました。
登録者数は非公開にしていますが、7月1日時点で330人です。非公開の理由は『登録者数で先入観を持たれたくない』ですが、それはつまり・・・言葉を選ばずに言えば、『登録者数が少ないから』です。
同じ時期にスタートした同系統のチャンネルは既に1400人近くあります。(僕も楽しく見てますw)

だからこそ、今のクオリティで登録していただいてる方にとても感謝しています。しかしその反面、『もっともっと良くしていかなければ』という危機感を非常に感じています。

 

作る側になって気付く大変さが多々ありました。

まず、機材にお金がかかる。これは1万円前後で始められるブログよりハードルが高いですね。
僕は何十万も出せるお金はないので、安上がりなゴープロ5ヒーローブラックと元々持ってるiPhoneXsで撮影しています。(マイク欲しいけど2万円もする…)

そして、撮影は異常なほど気を遣います。
撮影場所、映像クオリティ、喋り、釣果など…。

撮影場所・・・今のところモザイクが必要な釣り場には行ってません。それは僕が動画を見る側だった時に、「メジャーな場所じゃないんだから動画にすんなよ」と思ったことがあったからです。
ゆくゆくは撮影方法を工夫したり、加工して色んな場所で釣りをしたいと思いますが、今はメジャーな釣り場のみ撮影してます。

映像クオリティ・・・これは最近思い始めたことですが…視点切り替えは必須。ずっとゴープロの視点で映像を流すより、色んな角度で撮ってある方が飽きにくいです。

ただ撮るのではなく見やすい角度を探し、飽きないような工夫をする。簡単なようで非常に難しいです。

喋り・・・正直、1番苦手です。カメラに向かって話すフリートークがここまで難しいとは思いませんでした。
カメラを意識すると喋りのイメージが思い浮かばないし、誰かいたら恥ずかしいと思ってしまいます。まあ喋りのセンスはありませんから、慣れでカバーしていくしかないでしょう。

釣果・・・本格的に撮り始めて3ヶ月ですが、2ヶ月目で少しおかしくなりました。それは「釣りに行く」のではなく、「撮影に行く」と言って家を出ていたのです。
往復5〜6時間はかかりますが、これまで週0〜3で楽しんでいたのを週4〜5に。でも、撮影していない時に限って釣れたり、ボウズだったり・・・。明らかに釣りに行く頻度も増え負担が増し、釣りをしている時のペースも早くなり釣れにくくなっていました。

そんな時、「大好きな釣りなんだから、無理して嫌いにならなくていいんだよ」ところもに言われてハッとしました。

「ああ・・・。いったい俺は何を勘違いしていたんだろう・・・。」

今は釣行回数を本来のペースに戻し、撮影したくない気分の時はしません。
とにかく、『撮影に追われないように。いつもの自分でいること。』を大切に考えています。

編集・編集時間・・・ド素人です。スマホのiMovieというアプリで作っています。簡易的に編集するものなので、パソコン(動画編集ソフト)でやるようなことは出来ません。以前ファイナルカットプロXの体験版をダウンロードしましたが、その時見た動画で「編集よりもコンテンツ。つまらない動画は編集が神でもつまらない」という言葉に「あっ、これ俺がしようとしてることやん」と中身を充実させることを第一に考えることにしたら、特に使わず期限が切れていました(汗)

編集時間ですが、動画の書き出しだけで最低1時間はかかります。他のこともしながらですが、公開するまで1日はかかります。他の人がどんな感じか分かりませんが遅い方でしょう。

 

普通の釣り人が普通の釣り動画を普通にUPする。今のこの状況では伸びるわけがありません。他と違うから、工夫を凝らしているから視聴者が面白いと思うわけです。

人気釣りチャンネルは、それぞれ何かしらの特徴があります。僕にもきっと他と違う何かがあるし、作り出せるはず。そう信じて今は自問自答する日々です。

今の状況でも登録していただいてる方々の為にも。自分の為にもレベルアップしていかなければいけません。

この活動に意味はあるのか!これから・・・

「釣り人目線で釣り人の為に。」

このブログを作った理由はプロフにも書いてますが、釣りメディアが大げさな表現をしたり、初心者をカモにするような記事を出しているのが気に食わなかったからです。そしてブログを書いていく中で、メーカーも商品説明が大げさだなあと感じることがありました。(大事なことですが、もちろん全てが悪いわけではありません)

立場上利益を追求するのは問題ありませんが、僕はそれを釣り人として受け入れることはできませんでした。そして、ただ見ていることもできませんでした。

だからブログを始めたわけですが、1年経って思うことは・・・現状当ブログが「釣り人目線で、このブログを訪れた釣り人の為に」になっていること。圧倒的な集客力がある媒体には勝てません。それが非常に悔しいです。

 

そしてこんな僕の活動をよく思わない人たちがいるのも事実です。

特に道具にこだわりがない人が僕のサイトを見ても、「この人過剰反応だな」「何かと敵対してるのかな」「気合い入りすぎて引く」と思うはずです。
当たり障りのない方がとっつきやすいし、褒めている方が見てて気持ちいいはずです。でも、僕はそんな良いことばかり言うインプレやメーカーの説明は信用しません。自分がメーカーの犬のようなインプレばかりするくらいなら、ブログを始めることもなかったと思います。

 

釣りメディアやメーカーはもっとよく思わないでしょう。でも、やっぱり僕は道具に対して少し知識があればツッコミが入るような内容を発信してお金を稼いでいる方がどうかと思います。

釣り人が相手の商売なら、釣り人に対して誠実であるべきだと思います。それが満足度につながり、リピートにつながり、売り上げにつながり、より良い道具作りにつながり、釣り業界の発展に繋がると思います。

でも、この話をした人達には「それが世の中だよ」と言われます。果たして本当にそうなのでしょうか?・・・僕はまだ世の中を知らないみたいです。

これまでの活動が釣り人に受け入れられるのか?はたまた必要とされないのか?もっともっと大きな舞台で活動したい気持ちが強くなってきています。

まあ、どうすればいいのか分からないんですが。笑

さしより気になるのはこれまで書いてきた記事のクオリティ・・・修正が必要です。
7月。この1ヶ月はこれまで書いた記事のリライトに多くの時間を使いたいと思っています。

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。