セフィアリミテッドとエギ王スティックで悩んでいる読者さんからの相談。

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

読者の方から相談がありました。

同じような悩みを持つ方の為になれば幸いです。

やりとりの内容はプライバシーに配慮し、記事用に一部変更しています。

また、記事にする許可もいただいております。予めご了承ください。

始まりは7月初め。僕のインスタにメッセージが届きました。

約2年前にエギングを始め、セフィアBBを購入しました。ステップアップで遠投、磯場を視野に入れカリスタ90M/TZを導入してみたのですが、思った以上に先重りし、気持ち良いロッドワークが出来ずモヤモヤしています。
事前にもっと調べておけばよかったのですが、勢いで…。近々エギ王スティックが発売されるのでリミテッドとどちらにしようか検討していました。
プロトタイプの記事を読ませていただいて、エギ王スティックを使ってみようかな?とか思っていました。

エギ王スティックのベースがプロトタイプと分かっているあたり、よく調べてる。そして自分に合うロッド、合わないロッドを感覚で掴んでる…。僕はそう感じました。

(先に言っておきますが、カリスタは良いロッドです。魚が好きな人もいれば肉が好きな人もいる。両方好きな人もいれば、どちらも好まない人もいる。感覚は人それぞれで、好みがあります。)

 

リミテッドとエギ王スティックなら、性能はリミテッドがほぼ100%上。よほどエギ王好きでない限り性能面で悩む必要はない為、プロトタイプを使っていた経験から

ご存知の通りエギ王スティックはカラマプロトがベースなのでバランス・使い心地は最上級クラスだと思いますが、おそらく感度がリミテッドに劣ります。

予算があるなら間違いなくリミテッドですね!

という感じで返信。その後も何回かやりとりしました。

 

数日後、再度メッセージが届きました。

こだわり抜いたEGI-OH-STICK(エギ王スティック)の究極性能に注目せよ!(YAMASHITA・OLYMPIC・LUREMAGA):ルアマガ

ご存じかもしれませんが、エギ王スティックの記事がアップされました。文章だけでは難しいと思いますが、リミテッドと比較出来れば教えてくださいm(__)m

いや〜、本気度がビンビン伝わってきます。僕はこの2本の比較なら悩む必要はない(エギ王スティックはエギ王カスタムハンドルを買っているほどエギ王・川上さん好きなら買うべき)と思っていても、読者さんが安心できる根拠が足りていなかったと反省。

送っていただいた記事はざっと読んだだけでも詳しく書いてあるのが分かりました。なのでこの記事を一字一句見逃さないようにしっかり読んで、僕なりに考察してみることにしました。

 

〜約4時間考察〜

 

リミテッドが選択肢に入っているだけに、エギ王スティックを選んでも後悔しない性能が手に入るか?が最大のポイントです。

おっしゃる通りこの記事ではリミテッドとエギ王スティックの比較はできません。ただ、「エギ王スティックのベースになっているプロトタイプ」と「エギ王スティック」の比較であれば想像しやすいので、性能面で考察していきます。

(エギ王スティックの関連記事も読み直して)正直混乱しています…。

「エギ王シリーズのポテンシャルを120%引き出す為のロッド」・・・まさしくエギ王スティックにふさわしい言葉ですが、それだけにひっかかります。

そもそも僕はエギ王のポテンシャルを100%引き出せてない状態が分かりません(笑)
これは消費者を煽る記事用の言葉なのか、本当に川上さんの言葉なのかでだいぶ変わりますが…。

川上さんのインタビューもあるようなので、もし後者なら

「アングラーのアクションに追従し、しっかりとエギが水を捉える感覚や潮を掴む感覚を伝達してくれる一体感のあるロッドって少ないんです」→これは「柔すぎず硬すぎず、感度が良いロッド」のことだと思いました。(真意は分かりません)

川上さんがよく動画で使われているロッドはダイワ製で柔らかく、感度が高いです。

その柔らかさが→アングラーのアクションに追従
感度の高さが→しっかりとエギが水を捉える感覚や潮を掴む感覚を伝達してくれる

この2つが両立して一体感のあるロッドだと言っているのだと思います。

これが合っている前提でさらに話を進めると、今回プロトタイプがベースとして選ばれたのは

①最新モデルであること
②手が出る値段的にギリギリラインであること
③川上さんの想いに1番近かった
だと思います。

しかし、プロトタイプ(オリムピックのロッド)は川上さんが普段使っているダイワより硬いので、エギ王スティック用に設計を見直すことになったのだと思います。

「高弾性…というよりはロッドの湿り気、湿気を感じるモデルにしたいと思います。」と川上さんらしい言葉で答えられていましたが、湿気とは柔らかさのことでしょう。

ベースのプロトタイプ(オリムのロッド)でドラグを締めたらまさしく高弾性な感じになります。
このことを高弾性のくだりとして考えれば・・・おそらくですが、川上さんのこれまでの言葉の使い回し(エギ王スティックに込められた想い)にはリールが影響していると考えられます。

川上さんの使用リールは15イグジストです。カスタムしてなければATDドラグです。
ATDドラグはしゃくり時やフッキング時はドラグが強め、イカ(魚)が引いたら弱めてくれるオートなやつです。
それを動画内ではいつもある程度締めた状態で実釣されていますので、もしプロトタイプで同じように締めて使えば、ダイワと違いプロトタイプを棒のように硬く感じるはずです。

もしこれまでの考察が合っているなら、川上さんが今使っているタックルの使用感をエギ王スティックで出したかったのだと思います。

でも、それはつまり僕や〇〇さんが使っているステラ・ヴァンキッシュとは違います。ドラグを締めた分均一に力がかかり、マニュアル車のように自分で調整するドラグでは川上さんの思うエギ王の動きはできないのかもしれません。

考えすぎと言われればそこまでですが、この記事ではエギ王のポテンシャルを120%発揮するイメージができませんでした。
それは川上さんのエギング理論が書かれていないからです。

エギ王スティックの可能性は分かっても、どう使えば120%引き出せるのか?
川上さんのレベルまで僕は達していないので想像できませんでした。

東レのトレカ®T1100Gはプロトタイプにも使われていますし、ガイドの違いも感度に影響しているとは考えにくいです。

エギ王スティックの値段にもよりますが、もしプロトタイプと同じくらいならそこまで感度が上がるとは思えません。*47500円らしいです。
素材や設計を見直してエギ王ブランドまで入ったエギ王スティックがいくらになるのか?
スーパーカラマレッティーに近い値段になるなら感度も上がってそうですが、それではベースがプロトタイプのコラボ商品としては高杉…。

一言で言えば「プロトタイプのしなやかver.」、もっと言えば川上さんやエギ王好きが買うべきなのかな…と思いました。

重ねて言いますが、今回はあくまで性能面で見た場合の話です。
コラボ商品としては面白いですし、これからもどんどんやってエギングを盛り上げて欲しいです!なので気を悪くされたならすみません。

僕も川上さんのことをエギンガーのお手本としてブログ記事にするくらい好きです。だからこそではありませんが、このエギ王スティックにかける熱い想いは全て川上さんの言葉で聞きたかったですね。

・・・はい。こんな感じでこの後もやりとりしました。

問い合わせをいただく方の多くが「周りに相談できる人がいなくて…」という悩みを抱えています。それは僕も同じでした。
店員になんでもかんでも聞くことは難しいし…。だから僕は性格的にも自分で買って試すしかなかったわけですが。笑(ただし、全てに精通しているわけではありませんm(_ _)m)

 

もちろん内容は記事用に修正していますが、掲載することを快く承諾していただいた読者さんにはとても感謝しています。

全てのお問い合わせを記事にしているわけではありません。安心して相談してください。

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。