タックルバランスは重心がキモ!効果絶大リールバランサーのすすめ。

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

何年か前までは重い竿と重いリールが当たり前でしたが、技術の進歩により最近は軽い竿と軽いリールが主流になりつつあります・・・しかし、ここに意外な落とし穴があります。

それが「タックルバランス」

 

軽い竿と軽いリールを使えば竿が長い分、重心が竿先側に寄ってしまいます。

これが「フロントヘビー」

 

その結果、軽いタックルを使っているはずなのに重さを感じてしまう。

これが「先重り」

 

そもそも、竿のみを持った時に感じるバランスの悪さが「持ち重り」

 

これらを総じて「タックルバランス」

 

例えば長い棒の真ん中は持ちやすいですが、端を持つと重く感じますよね。これは重心が手元に近いほど軽く感じるからなんです。

つまり【タックルバランスが悪い=重心が手元から離れている状態】なので余計な力を入れる必要があり、その結果手や腕への負担が増えてしまい操作性・集中力・感度の低下、しいては長時間の釣行が難しくなります。

かと言って軽い竿と重いリールを組み合わせたら本末転倒。そもそもの重量が上がり扱いづらくなるし、リールの性能も落ちることになります。

では、どうすればいいのか?

早速「タックルバランス」「リールバランサー」について解説していきます。

リールバランサーの効果が期待できる方

繊細な釣りが求められるエギング・アジングなどでは、このタックルバランスが釣果に大きく影響します・・・というより「良いバランスと悪いバランスの違いを感じられる人がタックルバランスを最適化すると、より釣果が上がる」というわけです。

この記事を開いた時点で「今のタックルに違和感を感じている」か「何か改善できるかもしれないと思っている」のどちらかでしょう。

つまり、リールバランサーの効果が期待できる可能性が高いということです。

タックルバランスが大切な理由

理由は簡単。最適なタックルバランスは疲れにくさや感度、しいては釣果に繋がるから。

「なんか竿が重い。先重りする」「なんか手元が重い・・・。どうにかならないの?」そんな疑問はタックルバランスに問題があるのかもしれません。

タックルバランスの調べ方【ロッド】

まず、この写真のように竿が地面に対して(ほぼ)水平に置ける部分を探してください。そこがロッドの重心になります。*指に乗せてバランスを探すのもOK。

今回はエギングロッドで見ていきますが、エメラルダスAIR AGS83Mの場合はココ。だいぶ手元から離れていますね。

竿のバランス

試しに2本のエギングロッドを置いてみました。

2本のエギングロッド 2本のエギングロッドの違い

手前がヌーボカラマレッティープロトタイプ832M。
奥がエメラルダスAIR AGS83M。

同じ8.3ftのエギングロッドでも、リアグリップ1つ分くらい重心の位置が違うのが分かりますね。この重心の位置が手元に近いほど「持ち重り」が軽減されます。

今回は違いが分かりやすいように2本の竿を並べていますが、AIR AGSが悪いというよりカラマレッティープロトタイプのロッドバランスが良すぎると言ったところ。他ロッドでも同じような結果になります。

タックルバランスの調べ方【リール】

リールを後ろから見てみると、左ハンドルの場合少し左側に傾いてませんか?ハンドルがある方が重いですから、傾いて当然ですが…。

リールバランス 普通 リールバランス 良い

写真はノーマルとリールバランサー装着後。セオリー2508PE-DHの場合そこまで大きな差はありませんでしたが、水平に近いとバランス◎

タックルバランスの調べ方【ロッドとリール】

竿にリールを付けて、地面と水平になるポイントを探してください。ロッドの付け根か、だいぶ前だと思います。

タックルバランス ビフォー タックルバランス アフター

少し分かりにくいですが、2枚の画像の違いは重心の位置。1枚目がノーマル。2枚目がリールバランサー装着後。
ノーマルではロッドの付け根にあった重心が、リールバランサー装着後は手元側に重心が寄っていますね。

この見た感じは小さな差が実際にエギングをすると大きな違いを生みます。

リブレのリールバランサー

いよいよバランス問題を改善・解決してくれるリールバランサー「リブレ カスタムバランサー」について。

タックルバランスを改善する目的ならコスパ最強です。

リールバランサーの見た目

リールバランサー 無し リールバランサー 有り

リールバランサー 無し リールバランサー 有り

賛否両論でしょう!ぶっちゃけ僕は純正派です(笑)

リールバランサーのメリット

おさらいですね。

【リールバランサーのメリット】
操作性UP。これが1番効果が大きいところ。
感度UP。期待薄。よっぽど元のバランスが悪いと効果が出ると思います。
カスタム性。カスタムは男心をくすぐります。

リールバランサー唯一のデメリット及び注意点

どのカスタムにも言えることですが、もし不具合破損が生じた場合はリールメーカーの保証対象外となる可能性があります。

リールバランサーはリールを分解している訳でもなければ、実際に使っていて壊れたこともないので、そこまでリスクがあるかは定かではありませんが…。

リールバランサーの適合

3種類あり、リールにより適合が変わりますのでしっかり確認してください。

C1タイプシマノ2000~4000
ダイワ1003~3012
C2タイプシマノ1000~C2000用
C3タイプダイワTHEORY系1003~3012用

自分にとっての最適なタックルバランスを知ろう

タックルバランスは自分の最適が必ずあります。ある程度の着地点はありますが、こればっかりは他人が決めるものではなく自分にしか分からない領域です。

実際に付けてみて、振ってみて、しっくりするところを探してみてください。

リールバランサーの使い方

付属品はこちら。

リブレ リールバランサー

リールのハンドルキャップを外し、リブレに付け替え、バネを中に入れ、ウェイトを入れ、キャップをコインやマイナスドライバーで閉めます。

バネは重心を内側よりか外側よりにするために使い分けますが、エギングの番手はほぼ長い方を使います。

ウェイトは2〜3個でバランスが良くなると思いますが、こればっかりは個人の感覚なので、1つずつ試して最適を探してください。

スペーサーワッシャーは、ハンドルの回転が重くなる場合に装着するようです。

スペーサーワッシャー
出典:リブレ

ちなみに僕はセオリーの場合「長いバネ+ウェイト3個」が最適でした。4〜5個にするとより手元重心にはなりますが、逆にリールが重くなりすぎて操作性がダウンしました。

その他のカスタム

リールバランスより、もう1つ2つ上の話です。ハンドル、スプール、ベアリング、グリップエンドetc.と見た目重視のカスタムからリールの性能を向上させるカスタム、両立したカスタムがありますが・・・これらは詳しい人が周りにいるか、信頼できるショップに出せるなら全然アリだと思います。

ハンドル1つとっても、その長さで巻き感が全く変わります。ローギア、ハイギア、ショートハンドル、ロングハンドル、ハンドルの重さ・・・非常に奥が深いです。

選択肢の幅は広がるので楽しめるなら良いですが、こだわり過ぎるとドツボにハマってリールも頭の中もぐちゃぐちゃになってしまいます(笑)

こだわりは快適な釣りを生む。

僕はタックルバランスのことを初めて聞いた時にこう思いました。

「メーカーがそもそもバランス考えて作ってくれれば良いのに」と(笑)

まあタックルバランスが〜なんて言い始めたらキリないし、選択肢が狭くなるし、そもそも気にしない人の方が多いから仕方ないのだけれど・・・僕は気になるタイプでした!笑

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。