【原鶴温泉】泰泉閣に行ってみた〜冬の絶品会席料理とジャングル風呂〜

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

行ってみたシリーズ第3段となる今回は、たまたまタイミングが合った友人夫婦たちと、原鶴温泉「泰泉閣」へ。

プランは饗宴会席・スタンダード和室。このプランは一泊二日、温泉、朝夕食コミコミで¥14,040(税込)と、宿泊するにはもってこいの内容ですね。特に、5種類のバラエティ豊かな温泉と、四季折々の旬な食材を使った手作り料理が目玉です。

 

ざっくりまとめると、泰泉閣はこんなところ。

・創業60年。長い歴史を感じる建物。
・地元の食材を使った会席料理がイケてる!
・温泉最高!だけど、(今回の)ジャングル風呂はイマイチ。

 

 

 

 

 

日が暮れる少し前に、目的の泰泉閣に到着。ここ原鶴は温泉街というだけあり、たくさんの旅館・ホテルが立ち並んでいます。夕日と相まってどこか寂しさも感じる街並みに、ひときわ目立つ存在感を放つ泰泉閣・・・60年の風格を感じつつ?チェックイン。ちなみに入り口は地上2階にあります。

原鶴温泉 泰泉閣 水車

 

 

天皇・皇后両陛下も泊まられた由緒ある旅館ですが、エントランスはこんな感じ。光が差し込み、開放感がありますね。


*画像を360度回して見ることができます。

 

 

一応、借りられる物はこんな感じ。

アメニティ浴衣
フェイスタオル・バスタオル・歯ブラシ・ひげそり・ 浴衣(サイズは小~特大)・半纏(秋冬のみ) ※子供用の浴衣・スリッパ有。※色浴衣はプラン特典。
無料貸し出しゲーム無料貸し出し品
トランプ・花札・囲碁・将棋・ビンゴゲーム(ビンゴ用カード無)・麻雀(麻雀のみ有料3,000円【税別】)加湿器・携帯電話充電器・アイロン・ズボンプレッサー・CDラジカセ

 

 

エントランス→売店へと繋がる道には大きな生け花。

生け花 生け花

ここからさらに先へ進んでいくと、今回予約した和室があります。館内はちょっとした迷路のようになっているので、人によっては迷うかも。

 

 

和室はこんな感じ。年数の割に綺麗!ただ、洗面所のティッシュが硬かったのがマイナスポイントかな・・・肌を気にする人や子供には使いたくないからね。もしかしたら、なにか理由があるのかもしれない。


*画像を360度回して見ることができます。

 

そして、部屋に入ってすぐ目に付いたのがお着き菓子・・・なんと、宿名入り。こういった細かいところにちょっとテンションが上がります(笑)

お着き菓子

 

 

 

 

 

時間になるまで暇つぶし。いざ料理会場へ。

 

 

 

 

 

平成最後の冬 饗宴会席

・・・「平成最後の」ってなんでもかんでも付ければいいもんじゃない!って思ってましたが、これはお洒落に感じる不思議(笑)

饗宴会席 食前酒・旬彩

なんでも、完全手作りに拘っているのだとか。

 

御献立

食前酒 季節のカクテル

食前酒

旬彩

笠雪豆腐旨味餡掛け 山葵・筑後名産鮎の甘露煮 公魚揚げ煮

九十オレンジ煮

造里

近海鮮魚三種盛り

青物やイカは普段釣ってるので味には厳しめですが、美味しかった。

焼物

鮑のバター焼き 鮑のバター焼き

鮑のバター焼き

ん〜〜!!これは美味。ホントはみんなのアワビも狙ってたけど、誰も残さなかった(笑)

蒸物

郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」 郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」

どこからどう見ても茶碗蒸しなこの料理の正体は、雑煮らしい。底部にお餅が隠れており、この地域の郷土料理でよく食べられるのだとか。

小鍋

牛すき焼き 牛すき焼き

牛すき焼き

みなさんお気づきだろうか・・・そう、牛が硬くなっていた(自分のせい)

揚物

海老東寺巻 海老 薩摩芋 大葉

大葉、薩摩芋、海老、そして海老東寺巻き。この海老東寺巻きとは、魚や海老や野菜をすりつぶし湯葉で巻いた物ですが、少し苦手かな・・・海老せんべいは大好きなんだけど。

まあ例えるなら、スイカは食べられないけどスイカバーはOKみたいな。メロンはダメだけどメロンジュースはOKみたいな感じ(どうか伝わって)

食事

鹿尾菜釜飯

生米から炊いていたご飯も、30分を過ぎた頃にはいい感じにおこげが。

留碗

味噌汁。

香物

漬物。

水菓子

杏仁豆腐 黒豆・杷木産フルーツ 富有柿

完食。

 

 

ごちそうさまでした!!

あ〜〜〜っ美味しかった^ ^満足でした。

 

 

そして時は過ぎ、楽しみにしていた温泉。

温泉

 

この日の男湯はジャングル風呂!まあこの「ジャングル」ってワードは男心をくすぐるわけですが・・・扉を開け目の前に広がる光景は、まさにジャングル!!


*画像を360度回して見ることができます。

 

いや〜想像以上にジャングル(笑)その雰囲気にジュラシックパークを連想したわけですが・・・残念ながら恐竜はおらず(笑)

 

そして、そろり、そろりと足を湯に・・・

 

 

 

 

 

・・・あつ、アツッ

 

 

 

 

 

いや、ぬるいぬるすぎる!!!!!爆

しかも、いつくかある浴槽全てぬるい(笑)

 

冬のあまりの寒さに、源泉ごとやられてしまったのだろうか。サウナの近くにある浴槽にいたっては、逆に体が冷えてしまう・・・てことでサウナに避難。

とまあ楽しみにしていたお風呂から速攻で上がりました。

 

 

でも、別の湯に入った女性たちは「お風呂めっちゃ気持ちよかった〜!」「良かったよ〜」「スベスベ!触ってみてー」と口を揃えて言っていたので、どうもジャングル風呂だけ異変が起きていたらしい。残念だけど、これが自然ということなのかな。

 

 

結論!温泉は少し残念だったけど、料理は美味しく、みんな盛り上がって楽しい旅行に♪良き思い出の1ページに追加です。

 

Ryokan information

宿名原鶴温泉 泰泉閣
住所日本, 〒838-1521 福岡県朝倉市杷木志波20
電話0946621140
HP泰泉閣
口コミGoogle★3.9(373件)
wi-fi
決済現金、カード、アリペイ
駐車場100台(無料)

決済方法

 

にっしー
そう言えば新年のおみくじ大吉でした〜(祝)

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。