エギングにハイギアのリールは必要?釣り人が徹底解説【初心者向け】

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

「ハイギア」「ノーマルギア」どっちにするか?

このギア比の問題は、「この色はなに?」「赤!」みたいにポンッと答えは出ません。

 

「えーなんだよそれ。めんどくせえ」・・・と僕も思いますが、それほどギア比の違いには意味があります。

 

ハイギアは「巻き取り量がノーマルギアより多い」

だから

「ノーマルギアに比べルアーの高速回収が可能」「潮の変化を感じやすい」

だから

「手返しがいい」「感度がいい」

 

こんな感じで「巻き取り量が多いとどんな影響があるのか?」と、段階を追ってギア比の特徴を理解できれば、自分にとってどっちが合うのか見極めることができるようになります。

 

では、エギングはどうでしょう?

 

エギの高速回収などはしませんね。それはエギングは巻きの釣りと違い、基本的にしゃくって待つを繰り返す釣りだからです。

ハイギアは不要。だが・・・

タイトルにもある通り、必要か不要か?という問いならばハイギアは不要なんですが、「ハイギアが全くダメ」ということでは決してありません。

 

「ハイギアは要らない」って言ったかと思えば「全くダメではない」って、一体どういうこと?矛盾してない?
確かに(笑)でも、矛盾してて当たり前です。

 

なぜなら、「ハイギアをノーマルギアっぽく使うこと」も「ノーマルギアをハイギアっぽく使うこと」も可能だからです。

ただの巻きの釣りなら、糸巻き量の差は回数を重ねるごとにどんどん増えていきます。しかし、エギングはしゃくって待つを繰り返すのである程度調整できてしまうんですね。

 

ただし、調整できると言ってもそれは熟練者の話で、初心者には難しい・・・事実、初心者のころの僕には調整などできませんでした。

 

アイコン(相棒)
ころも
うーん、ならどうすればいいの?
アイコン
にっしー
まずは、釣り方のパターンを知ることが大事だよ。

釣り方のパターンを知ろう

これからお伝えする全てが正しいとは限りません。釣り人にとって正解とは、釣れること。人それぞれ考え方があっていいし、あった方が良いと思います。その中の1つとして、実釣のお役に立てれば幸いです。

 

なぜ釣り方をパターン化するかと言うと、ただ単にハイギアとノーマルギアの違いをわかったところでこの問題の解決にはならないからです。

日本全国の釣り場は1つ1つ状況が違います。堤防なのか磯なのか、潮通しの様子、水深何mか・・・などなど。それによって釣り方が変わるんですから、釣り人によっておすすめのギア比が変わるのも当然っちゃ当然です。

 

ネット上にあるほとんどの記事は、「ギア比ごとのメリット・デメリット」「おすすめギア比」のことは書いても、一番大事な「自分の釣り環境」は書かないから読者の方と矛盾ができてしまうんですよね。

「記事を書いてる人」と「それを読んでる人」が同じような環境でエギングしてるなら、「うは!釣れる!こっちのギア比買ってよかった!!」という風になるんですが、残念ながら照らし合わせることができないので失敗してしまうんです。

 

そして僕とあなたの釣り環境もおそらく違うと思います。なので僕の考えを押し付けるよりも、あなたの釣り環境をもとに適したギアを選んだ方がいいと思ったので、釣り方のパターンを知るための質問をしていきたいと思います。

 

 

 

Q.シャローとディープどっちでエギングをしますか?
ラインを見てアタリを取りますか?手感度でアタリを取りますか?

 

とても重要なので、普段行かれるポイント、アタリの取り方をしっかりイメージされてください。

 

 

 

 

 

おそらく、この4つのどれか(もしくは複数)に当てはまると思います。ご覧のとおり、釣り方のパターンによって有利なギアが違います。

釣り方のパターン有利なギア
①シャローで手感度でアタリを取るハイギア
②シャローでラインを見てアタリを取るノーマルギア
③ディープで手感度でアタリを取る
④ディープでラインを見てアタリを取るノーマルギア

*ディープで手感度はほぼアタリを取れないので空白にしてます。
*ラインに指を掛けてアタリを取るのは、ラインを見てアタリを取ると同じ枠。
*エギングをしたことがない方は、なんとな〜く読まれてください。これから慣れてくればわかるようになります。

①シャローで手感度でアタリを取る

この釣り方の生命線はテンションフォールです。

1しゃくり1巻きを基本としたら、ノーマルギアでは巻き取り量が合わずテンションを張りにくいです。テンションが張れないと手までアタリが伝わってきませんので、アタリがあったとしても気付いてないことがあります。

 

ハイギアなら1しゃくり1巻きでちゃんとテンションが張れるので、手感度でアタリを取れることが多くなります。

 

高感度ロッドじゃない場合、テンション張っててもアタリが分からないことがあります。初心者にありがちなのが、感度の低いロッドでテンション張っても「アタリ分からん!釣れん!」・・・いや、釣れなくて当たり前です。僕がそうでした(笑)

②シャローでラインを見てアタリを取る④ディープでラインを見てアタリを取る

ラインでアタリを取れる(取りたいと思っている)時点でハイギアのメリットはほぼ消え、デメリットとなってしまうことがあります。

 

例を挙げると…

ハイギアはハンドル1回転あたりの巻き取り量が多いので、単純にエギが岸に近づくのが早くなること。

アピールできる時間は少しでも長い方が良いと思います。

 

ハイギアはハンドル1回転あたりの巻き取り量が多いので、エギが動きすぎること。

しゃくり後のリーリングの際にハイギアをノーマルギアの感覚で巻くと、エギが変に動きます。つまりフォール中にエギが動くということです。

サイトフィッシングをされた方は分かると思いますが、アオリイカはエギがフォール中に変に動くと警戒して離れていきます。それは沖でも同じことが起きているんです。

秋の好奇心旺盛な子イカは一回ミスってもまた追っかけてくることもありますが、冬のこたつで丸くなってるアオリイカ・春の産卵でナーバスなアオリイカ・夏のぐったりアオリイカに足を使わせるには大きなデメリットになることも。

エギングにおけるハイギア・ノーマルギアのメリットとデメリット

ノーマルギアのメリットハンドル1回転あたりの巻き取り量がハイギアより少ない→エギが動き過ぎない→エギの安定したフォールを作れる

ハイギアよりエギが岸に寄ってくるのが遅い→アピール時間の増加

ノーマルギアのデメリット
ハイギアのメリットハンドル1回転あたりの巻き取り量がノーマルギアより多い→糸フケを素早く回収できる→安定したフォールを素早く作れる
ハイギアのデメリットノーマルギアより巻き取り量が多いので、糸を巻き過ぎる場合がある→エギが動きすぎる→アオリイカが警戒しエギを抱かない、冬や春のナーバスなアオリイカは反応しない

ノーマルギアよりエギが岸に寄ってくるのが早い→アピール時間の減少

*ノーマルギアのデメリットはないに等しいので空白

 

ハイギアのメリット・デメリットは紙一重なんです。糸フケを早く回収して安定したフォール姿勢を早く作れる反面、しゃくりや巻き取りのバランスが崩れるとエギが動き過ぎて警戒させてしまう——。メリットにもなれば、デメリットにもなりうる特性です。

 

ぶっちゃけ色んな人が言ってるノーマルギアのデメリット「ハイギアより巻き取り量が少ないこと」「糸ふけの回収が遅い」っていうのは、強いて言えばくらいのものでデメリットにならないんですよね。だって早巻きすればいいだけですから。

 

では、ハイギアのデメリットであるエギが動きすぎること。これをなるべく抑えるためにはロッドさばきを変えたり、1しゃくり1巻きではなく2しゃくり1巻きにするなどの工夫が必要になってきます。慣れれば大きな問題にはなりませんが、初心者には難しいところです。

 

ということはこれからテクニックが伸びていく初心者には、圧倒的にノーマルギアの方が釣りやすいということになります。

釣り方のパターン有利なギア工夫の方法
①シャローで手感度でアタリを取るハイギアノーマルギアの場合ハイギアより多く巻く(簡単)
②シャローでラインを見てアタリを取るノーマルギアハイギアの場合巻きすぎないように調整(難しい)
③ディープで手感度でアタリを取る
④ディープでラインを見てアタリを取るノーマルギアハイギアの場合巻きすぎないように調整(難しい)

結論。エギングだけするならノーマルギアがおすすめ

これからリールを買う方は、ノーマルギアが最善の選択だと思います。

 

すでにノーマルギアを買っている方は、そのままでOK。

アイコン(相棒)
私はそのままでOKってことね!

 

すでにハイギアを買っている方は、ハイギアに不利な状況でも対応できるように練習あるのみ。釣果が伸びるはずです。

アイコン(弟)
リョウ
俺はハイギアだし、練習すっかな〜。

 

エギングだけでなく巻き物も1つのリールでするなら圧倒的ハイギア。

 

まあ、正直ギア比で悩むよりラインのアタリの取り方を覚えた方が圧倒的に釣果が伸びるんですが。気になる方は次の記事も覗いてみてください。

 

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 アタリを取って「バシィッ」っと合わせてるエギンガー・・・かっこいいですよね。 もしあなたが現在アタリを取れてなかったら、「しゃく[…]

エギング アタリの取り方

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。