【津本式】釣り人が釣り場(船)でやれる最良の血抜きは?フリフリすればOK【津本光弘×植田益生YouTubeコラボ動画】

photo:instagram Masuo Ueda

にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

「血抜き血抜きって・・・釣り人はどこまでやればいいの?人それぞれ言うことバラバラでわかんないよ!」

 

そんな釣り人の疑問を、植田益生さん(以下マスオさん)が「釣り人目線」で切り込んでくれました。

その疑問に答えてくれたのは、まさかの津本光弘さん。スマホに通知がきた瞬間「おっ」とテンション上がりました(笑)はい、2人とも好きなんです(笑)個人的にはマスオさんがいち釣り人として来たのか、DAIWAとして来たのか気になりますが、それはさておきレッツCheck‼︎

 

にっしー
先日、マスオさんがインスタで「自分で釣った魚を自分で捌いて、着払いで送る企画どうですか?」と発信され、希望する声が相次いでいます。僕も「食べてみたい!」と思うくらい。これはマスオさんだから応援する人が多いのでしょう。成功したら、いつかはお店かな?(笑)

 

一部血などの画像、表現があります。

【動画】植田益生さんが、究極の血抜きの勉強に来た編 vol.105 鯵バージョン

*動画が表示されない場合はページを再読み込みしてください。

 

ここから先は、動画内の「釣り人にとって重要な部分」を書き起こしています。

また、動画内では「あれ」「これ」「それ」などの指示代名詞が多く飛び交います。その指示代名詞の解説程度に読んでいただければ幸いです。

 

【アジを究極の血抜きしながら】

0:41 マ「実際血抜きの時にエラを切る場所とか、結構みんないろいろやるじゃないですか」

0:46 津「あぁあああぁこれね、ここ骨があるんですよ」

0:49 マ「じゃあ上のほうってことですか」

0:51 津「うん、ここ(血合い)にホースが入る穴だけあればいい」

津本光弘さん、マスオさん

1:10 マ「まあでも神経なんてやっぱエラの血抜きって言うか普通にはなかなか出にくい」

1:13 津「出にくい。出にくいけどした方がいい」

1:21 津「それで出るのが僕の血抜きだから」

神経抜き

1:46 津「でこれ(神経抜き)真水でせなあかんのですよね。海水でしたらだめ」

1:48 マ「ですよね。そこが釣り人のネックなんだよなあ」

1:57 津「持って帰って、言うたらぶっちゃけ(最初の処理できていれば)24時間くらいならビクともせえへんから。最初の処理(脳死)だけ、脳死をさしてエラの血抜きそれだけでいい。神経まで抜け言わへんから」

神経抜き

2:15 マ「どっちがいいんでしょうかね?僕ら(釣り人)はエラの血抜きして…脳締めしてエラ血抜きして、で、内臓出しちゃううんですよ」

2:25 津「うんうんうん出さんでいいですよ。まあ出した方が楽な人はおるけど、出したら(究極の血抜きが)できへんから。あれ(究極の血抜き)せんことには意味がないから。これ(神経締め)だじゃ意味がないんですよね。言うてた通り」

2:42 マ「(魚を)寝かせるって考えたら、やっぱりこれ(究極の血抜き)もう絶対した方がいいってことですか?」

2:46 津「したほうがいい」

津本光弘さん、マスオさん

4:00 津「で、キスとかコハダとか、あのおこっち(尻尾)からせんでいいから別に。(小さく穴)見えへんし。で、逆に、下手に刺して(身に)水いれるよりこっち(頭)からしたほうがいい」

マスオさん

5:57 津「この中(血合い)に入ってる血が臭いから。だから養殖臭いのもこれ。磯くさいのも泥くさいのもこれ。だからそこをわかって血を抜いていけば、養殖が養殖じゃなくなる」

血合い

6:28 マ「やばい面白い。でもなんかこう僕ら(釣り人)は結局家に帰ってまあこれ(究極の血抜き)がちゃんとできれば一番いいじゃないですか。でも実際なかなかまあ道具持ってない方も多いし、まあ僕ら船で釣りしますし、ゴニョゴニョでいいけど、なんか実際にそこ(釣り場)でできるのって、多分エラ切って…まあ脳締めして、エラの血抜きして、バシャバシャするくらいが限界だと思うんですけど、まあこれがんでホースはたとえば結構家にあるじゃないですか。エラからの圧迫の上(頭)からの血抜きは結構してもらえると思うんですけど」

7:03 津「いやもうそれ(脳締め、エラの血抜き、バシャバシャ)だけすれば十分よ。まああのそっから先突っ込みたい人はまああの(究極の血抜きの)道具揃えて、うん、それ(脳締め、エラ血抜き、バシャバシャ)だけで十分やから。それだけで劇的な魚になるはず。フリフリ(血抜き中に頭を下に向けて人の手で魚を振ること)やってるだけでも全然違うからね」

7:18 マ「そのフリフリする時にもうエラの切り方とかもう正直全然ゴニョゴニョ」

7:28 津「(血抜き)やる時は両方(頭側も尻尾側も切って)通す。で、フリフリしてあげる」

7:41 マ「そん時って尻尾をよく切る人っているじゃないですか」

7:43 津「まあ尻尾はよお(ぶった)切ってもいい。あのおなんかあ血が出えへんとか言う人おるけど、嘘やと思う」

7:47 マ「フッヒャーwいや、僕もよう聞くです切れって言う漁師と切るなって言う漁師さんいらっしゃる」

7:56 津「それは、どっちでもいい。どのみち(血)出すから。(血)押し出すから。ある程度(血)が出てれば問題ない」

マスオさん

8:06 マ「たぶん青物とかカツオとか内臓がむっちゃ温かいんですよ。僕はそれがいやだからすぐ内臓出したがるんですよ。それはやっぱそっから悪くなる(と思ってる)からあ。水がいっぱいあればいいけど。そんな時ってどうですか?」

8:19 津「どれぐらいのファイトしてるかとかわからへんからね。だからそんだけほんといためつけてんのか、熱もたせてえでも、赤みは色変わるかもわからんけど白身の場合はわかれへんから。まあエネルギーはなくなってると思うけど。けど、こんなして(胸ビレ開いて)あがってけえへんでしょう。もうこのへんになってあがってきたら多分体力ないと思うんですよ。パカーンて(胸ビレが開いて)」

8:48 マ「ないです、全然ぜぜん全然ぜんぜんそんなことないです。普通に泳いで帰れる」

8:50 津「ほんなら全然、まだエネルギー残ってるから普通に締めてもらって」

マスオさん

8:59 マ「僕本当にこのやり方(究極の血抜き)をどうやって釣り人が応用できるか、たぶん全く同じことはなかなか真似できないから。だから、でも海水(で神経抜き、血抜き)はタブーですよね」

9:09 津「タブー。身の中に入れるのは、(海水は)やめた方がいい」

マスオさん

9:18 マ「内臓出しちゃうか出しちゃわないかはもう、本人(釣り人)に意思(普通に食べるか、究極の血抜きするか)に任せます・・・って。内臓出しちゃうとこれ(究極の血抜き)ができないよと」

9:32 津「けど、(フリフリ)することだけ全然違うから、これ。フリフリだけで」

9:35 マ「実際そのフリフリせずに、よくやっぱ見るのがエラに(刃を)ぶっ刺して(血出して)バケツにぶっこんでるだけ。で2~3分おいてるだけ」

9:43 津「あの〜次あげたときにたぶん血固まってるんですよ。あれ出てないから。」

9:51 マ「それ(固着)を防ぐためにフリフリすると」

9:57 マ「じゃや実際それが一番大事ってことですね」

10:03 津「そこさえしてれば、別に24時間後にしてもかまへんし。でも、だいぶ抜けてるんですよ。これ(フリフリ)だけで」

マスオさん

 

 

 

にっしー
「本当に釣り人が知りたいこと」をかなり聞いてくれたと思います。考えて質問されていたので、僕も食い入るように見てしまいました(笑)釣り人の疑問を聞いてくれたマスオさん、教えてくれた津本さん、ありがとうございます。

 

そしてこの動画が公開される少し前、マスオさんのインスタにまあまあ衝撃の写真が(笑)

左:長谷川水産の方 中央:植田益生さん 右:津本光弘さん

インスタグラム 植田益生さん、津本光弘さん
出典:instagram MasuoUeda

いや〜この写真を見て、「ええっ!津本さん?イメージと全然違う!」とびっくりしてる方も多いのではないでしょうか?僕はもっと渋い感じの方かと思ってました(笑)スタイルもよくてカッコイイですね〜。

釣り場でフリフリ

結論:やっぱりフリフリ。

 

フリフリ・・・エラ(尻尾)を切った後にバケツに入れたりしてほったらかしにせず、頭を下に向けてフリフリすること。

 

【動画】フリフリについての解説あり

 

 

 

血抜き方法については、何が正しいのか?科学的にハッキリとは証明されていないようです。なので「こう思う」程度のものでしかないため答えが収束せず、人によって言うことがバラバラです。そんな状況において、己の腕と飽くなき探究心で究極の血抜きを考案された津本光弘さん。その方法は今や、釣り人のみならず多くの魚に関わる人から支持されています。

僕も魚の味やニオイには敏感で、実際に試してみて「これは、美味しい!」と効果を感じているので今こうして記事にしています。

 

関連記事

photo:モグモグマルシェにっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 冬は多くの魚に脂が乗り、美味しくなるシーズンですね。ただ、今年は海水温が高いせいか、先日のジギングで釣ったカンパチ(5キロ[…]

究極の血抜き 津本式 葡萄カンパチ
関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 この記事は津本式 究極の血抜きに使う工具の簡単な説明・購入方法と、津本式工具の制作方法を記載しています。使う工具*2019年5月現在、血抜きに必要[…]

津本式工具
関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 書いていることはあくまで僕の想像です。すぎた妄想かもしれませんので、その点ご了承ください。 メイドインジャパン——。これをよしとして[…]

刺身

 

にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。