【2019】初心者おすすめ厳選エギングリール6本!選び方も徹底解説!

アイコン
にっしー
おはこんばんにちは!にっしーです。

 

エギング初心者が「リールに求めるレベル」は人それぞれだと思います。

 

「とりあえずエギングができればいい」「安すぎるのもアレだから真ん中くらいで」「高いのが良いに決まってるから1番高いの」

こんな感じのタイプの人なら選びやすいですね。左から好きなメーカー、好きなデザインの「入門モデル」「中位モデル」「最上位モデル」と、すぐ選び終わります。

 

「エギングリールに必要な性能を知りたい」「値段ごとのリールの違いを知りたい」「高いのを買ってもいいけど、本当に自分に必要な物を選びたい」

こんな感じのタイプの人が悩んでしまうんですね。僕はもれなく後者でしたから、たくさん悩んで、いろいろ買って何回も失敗しました(笑)

 

その甲斐あって?初心者の道具の選び方がわかるようになりましたので、今日は余すところなくお伝えしていきたいと思います。きっと、今悩んでいる方もほぼ解決すると思いますよ♪

「自分がどこまで求めているか」ハッキリしよう

アイコン
にっしー
「エギングしてみたい。リールは何がおすすめ?」と相談されて僕が最初に聞くのは、そもそも「釣りをすることが目的」なのか「釣ることが目的」なのか。

 

これで選ぶ方向性がハッキリします。

 

「釣果はどうでもいいから、とりあえずエギングをしてみたい」というタイプの人なら、そもそも高い物を買う必要がありません。

「(持ち帰るかは別にして)たくさん釣りたい、上手になりたい」そう思っている人は、必ずと言っていいほどハマって上の装備が欲しくなります。

 

はい・・・あなたは、どっちでしたか?きっと心の中では決まっているはずです。

 

「とりあえずエギングができればいい」なら、1番安いものが良いです。性能はどこも変わらないので、好きなメーカー、好きなデザインで選んでOK。値段は数千円〜1万円前後でしょうか。いわゆる入門モデル。

アイコン(相棒)
ころも
私は安くていいかなあ。

 

「たくさん釣りたい」なら、リール選びで悩まないために、「中位〜最上位モデルの中から自分がどのレベルを求めているか」を知る必要があります。

アイコン(弟)
リョウ
俺はたくさん釣りたいな〜。

エギングリールに必要な性能は「軽さ」

軽さというのは、「疲れにくさ」と「操作性」に影響します。

 

もちろん「軽い方が良い」というのはイメージしやすいと思います。

重ければ疲れやすくなるし、使いにくくなる。現代のエギングリールの自重は「160g〜240g」ほどですね。「最大でもたった80g差?」と思われた方も多いと思います。でも、エギングにおいての80g差というのは非常に大きな違いです。

 

ロッドとリールのバランスが大事なので軽いほどいいというわけではありませんが、適度な軽さは大きな武器になります。

エギングリールに必要な性能は「耐久性」

耐久性とは、「長持ちすること」です。リールの耐久性があるとは、「買った時と同じような状態でリールを長く使える」ということ。

 

数回の釣行で潮噛みしてゴリゴリになってしまったり、大物を掛けたら歪んでしまって回転がおかしくなったら、修理するか買い換えることになってしまいます。「こんなことなら最初から耐久性があるものを買っておけば良かった」と後悔することになりかねません。

安物買いの銭失いとはまさにこのこと。

 

じゃあ一体どれくらいの「耐久性」が必要なのか?ずばり、ダイワ・シマノの実売価格で言うと2万円クラスです。このクラスのリールなら「釣行後の水洗いを欠かさずにすれば」長持ちしてくれると思います。

 

安いリールがダメというわけではありません。しかし、「釣りをすることが目的」ではなく「アオリイカを釣ることが目的」となると、おのずと耐久性は必要になってきます。

 

似たような言葉で「剛性」がありますが、今回は「耐久性」に含めます。

剛性・・・・曲げやねじりの力に対する、変形のしづらさの度合いのこと。力に対して変形が小さい時は剛性が高い(大きい)、変形が大きい時は剛性が低い(小さい)
耐久・・・長くもちこたえること。長持ちすること

タックルバランスを知ろう

「ロッド、リール選び」において、このタックルバランスは非常に重要です。

 

タックルバランスとは、「ロッドにリールを付けた時のバランス」のこと。

 

写真のようにロッドにリールを付けた状態で指で支えた際、ロッドが地面に対し平行になるポイントがあります。その時の重心がリールフットに近いほどバランスが良い状態です。

18ブラストLT タックルバランス
*写真はジギングタックル

 

バランスの良さは「快適なエギング」をするうえで必要不可欠。操作性が向上し、疲れにくくなります。

 

タックルバランス・・・本来は仕掛け全体のバランスのことを指す。この記事では「ロッド+リール」に絞っている
リールフット・・・・・リールを付ける部分

エギングリールは右巻きか左巻きか

結論。どっちでもいい

使いやすいほうでいいと思います。

 

ただ、人間は右利きが9割と圧倒的に多いため、スピニングリールはもともと左巻き用に作られています。

「右手でキャストしてそのまま左手でハンドルを巻ける」ので持ち替える必要がなく、慣れると便利です。

 

左利きや、どうしてもやりづらい場合は、無理して左巻きにする必要はありません。

 

アイコン
にっしー
僕は最初左巻きが全くできず、イライラして右巻きでしていました(´Д` )でも、毎回持ち替えるのが面倒なので何回も何回も練習してできるようになりました。

エギングリールはシングルハンドルかダブルハンドルか

結論。どっちでもいい

どっちを選んだからといって、釣果はあまり変わりません。

見た目の好みや重量バランスで選ばれてください。

 

僕は昔はダブルハンドル派でした。今は気分や状況に合わせてダブル、シングルどっちも使っています。

エギングリールはハイギアかノーマルギアか

結論。どちらかと言えばノーマルギアのほうがいい

「なぜノーマルギアのほうがいいのか?」という説明はちょちょっとできるものではありません。

それでもなるべく簡単に言えば、「ノーマルギアのほうがいろんな状況に対応しやすいから」です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

関連記事

にっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 「ハイギア」と「ノーマルギア」どっちにするか?このギア比の問題は、「この色はなに?」「赤!」みたいにポンッと答えは出ません。 […]

釣りの風景

 

僕は状況に合わせてどっちも使っています。他の釣りもするならハイギア、エギングオンリーならノーマルギア。など。

おすすめエギングリール5選

エギングリールに必要な「軽さ」「耐久性」はもちろんクリアしています。あとは好みで選んで良し。というレベルまで厳選しました。

*シングルハンドル、ダブルハンドルどちらでもOK。

【ダイワ】セオリー2508PE

「軽さ」「耐久性」「中位モデル」「コスパ」

実売価格2万円弱のコスパ最強リールです。コスパ重視ならこれで決まり。

熟練者のサブリールとしても使われるくらいのリールです。きっと初心者〜中級者のメインリールとして活躍してくれることでしょう。

【ダイワ】セルテート2500S

「軽さ」「耐久性」「上位モデル」

実売価格4万円弱。

関連記事

photo:ダイワにっしーおはこんばんにちは!にっしーです。 先日発表された19セルテート。「性能良すぎwwイグジスト超えたんじゃないの?」とかなり話題になっていますね。実際問題[…]

19セルテート

*19セルテートは3月発売予定。

【ダイワ】イグジストLT2500

「軽さ」「耐久性」「最上位モデル」

実売価格7万円弱のダイワNo. 1エギングリール。

【シマノ】ストラディック CI4+ 2500S

「軽さ」「耐久性」「中位モデル」

実売価格2万円弱のコスパ最強リール。

コスパ重視ならこれで決まり。

【シマノ】ヴァンキッシュ2500S

「超軽量」「耐久性」「上位モデル」

合わせるロッド次第でステラを超える、驚異のポテンシャルを秘めたクイックレスポンスシリーズ最高峰モデル。

【シマノ】ステラ2500S

「適度な軽さ」「耐久性」「最上位モデル」

実売価格6万円弱のキングオブリール。

僕も愛用していますが、圧倒的満足感です。

*C3000SDHは2019年6月発売予定。現在発売されているダブルハンドル仕様はC3000SDHHG(ハイギア)です。

 

アイコン
にっしー
楽し美味しい釣りライフを。

釣り動画を撮り始めました!

YouTube≫≫あくてぃ部

釣りの風景

年中エギング・船釣り(ジギング・鯛ラバ)してます!

よかったらみてください( ´ ▽ ` )ノ

コピーはできません。